僕が失敗から学んだ「社会で役立つ情報」を発信しています

うつになって、僕が今思うこと

こんにちは、黒川です。

先日23歳を迎えたので近況報告です。
先日、下記のツイートをしました。
正直、何度もツイートするのをためらいました。

実は今年の8月頃から急におしっこが漏れたり、気を失ったりと、身体がバグってきたのでヤバいと思い、先日病院に行くと、うつ病・適応障害・不眠症と診断されました。
 
20代は死ぬ気で働くつもりでしたが、働き方を間違えていたようです。
無理をして自分の限界の幅を広げていくことは重要ですが、無茶はいけません。
2019年8月、大学を中退して会社を設立し、
「株式会社って何?」
「会社作ったけど、何の事業しよ」
「マンションのお隣さんからめっちゃ心配される、ほっといてくれ」
とまぁこんな感じで勝手に大学辞めて起業して、周囲の人には『同志社は中退して株式会社俺の道を設立した。よろしく!』って何がよろしくかわかりませんが、よろしくしました。
経営のことなんて何もわからないけど、とりあえずやるしかない状態からスタートしました。
明らかに心に余裕のない態度で親と接する自分が情けないと思いながら、毎日「なんとかしないと」の一心で朝から晩まで活動し続けてきました。
今思うと、無意識に自分の中で虚像の敵を作り出し、そんな敵とも毎日闘っていました。
現状、仕事どころか何も手につかず、自分の頭で物事を判断出来ないし、ラインで簡単な連絡を取る事ですら難しいです。
ひとまず自分の全てをゼロにして、「純度100%の素直な自分を取り戻したい」というのが今の正直な気持ちです。
最近はもっぱら毛布にくるまって思考停止しながらYouTubeを観たり、がんばらないことを頑張っています。
以前は朝から晩まで仕事して「パァッ〜今日も生きたぜ!」と命を燃やしていましたが、
現在は一日中何もしない方が、自分が今生きていることを実感でき、自分の身体がどんどん自分の身体になっていく感覚です。
今の僕は、思考停止して毛布にくるまることが何よりも心地よいです。
そして、毛布にくるまり続けたおかげで気づいた事が2点あります。
①TikTokおもしれー
②お金なくても死なないな、でもやっぱり稼がねぇと
です。
①TikTokの何がおもろいかって、「え?何でこの動画がバズってんの?」がめっちゃあります。
そこにチャンスを感じずにはいられず、試しにいくつか動画を投稿してみました。
まだバズってはいませんが、楽しんで投稿しています。
②僕は個人の借金が〇〇○万ありますが、支払いに遅れても国からの信用が傷つくだけで死にはしません。
カード会社に「すみません、今月払えそうになくて、、」と電話一本で来月まで待ってもらえます。(もちろん借りたお金は返さないとダメですし、信用に傷がつくと資本主義の恩恵が得られないことも身にしみて感じました)
でも僕はこれまで海外を20カ国巡り、色んな生き方や遊びを見て来たので、しっかり稼いでやりたい事はやり尽くしてやります。
当たり前ですが、経営者は事業の仕組みを作って雇用を生み、儲けて税金を納めて社会に影響を与えるからこそ得られるリターンも大きいと思います。
僕は同志社大学を中退して会社を設立しましたが、それからは何もリスクを取らなかったのでリターンはなかったです。
全く人生にリスクを取っていませんでしたし、
今思うと、経営において覚悟のない意思決定が多かった気がします。
会社を設立しただけで「スゴイですね」と言われ、毎日多業界の経営者の方を紹介してもらい、毎晩目上の方から飲みに誘われ、自分が凄くなった気でいました。
でも結局は「自分が何をしている人なのか」を軸にお互いがコミュニケーションを取らないと、長い付き合いは出来ないと思いました。
話が逸れてしまいましたが、僕が今思っていることは、
・TikTokおもろ
・前澤さんお金ください
・毛布キモティー
などなどIQ60マジ卍って感じですが、
明日から海外に行こっかなとか、東大受けよっかなとか、今は毛布の中で妄想が止まりません。
何もできない&何も知らないからこそ生まれてくる発想を楽しんでいます。
まぁあと1ヶ月くらいで、毛布にくるまる生活も飽きそうなので、その時はまたご報告します。
誕生日コメントくれた皆さんありがとうございます。
よーし、TikTokとろ。
最新情報をチェックしよう!