あなたが行動できない理由。それは「失敗」を恐れているからです。

こんにちは、黒川です。

僕は元々「失敗」を恐れて行動できない人間でした。

先日に下記のツイートをしました。

 

行動できる人は「失敗を楽しんでいる」と思います。
僕は元々、失敗をするのが怖くて行動できない人間でしたが、失敗から学べることがとても多いということに気付き、今では失敗を前向きに捉えています。
何事もまずはやってみる、失敗する、学ぶ。
人生は失敗しないと気付けないことがとても多いです
 
上記を深掘りしていきます。

ちなみに現在の僕は起業したり、海外に一人旅など行動力には定評がありますが、
元々はそんなことはなく、むしろ行動力のある人と会うと、「羨ましいなあ」と思っていました。

行動力のある人がとても魅力的で、行動力なんて生まれつきのものだと思っていました。

そのような僕がどのようにして行動力を高めたのかをまとめたので読んでいただけると嬉しいです。

失敗に慣れることで行動力を身につける

結論は失敗に慣れてしまうことです。

失敗に対しての恐怖心は慣れて克服するのが1番です。

まず前提として、人間は失敗を恐れる生き物です。失敗を恐れるのは当たり前です。

ではどのようにすれば失敗を恐れずに行動していけるのか。下記にまとめました。

失敗に慣れる為の具体的な方法

具体的な方法は次の通り。

・思考を変える
・失敗する
・失敗して学ぶ

 

何事も「まず行動しよう」ではなく「まず失敗しよう」の意識でやってみる。

いざ挑戦して失敗してみると、「失敗から得れる気付きがとても多い」ことに気付きます。

例えば女の子に告白して振られて初めて、自分に何が足りないかを気づくことができます。

「何事もまずはやってみる、そして失敗して、学ぶ。」
何を学ぶにしてもこれが1番効率がいいです。

今でも僕は沢山の失敗をしますが、失敗をすればするほど、
どんどん新しい学びがあるので、失敗を前向きに捉えることができています。

失敗しても死なない

大前提として、失敗しても死にません。

世の中のほとんどの事は失敗しても死にません。

第一志望の大学に落ちて病む人がいますが、僕は第一志望で合格した大学を中退しています。

生きる上で失敗しない人なんていないので、失敗とどう向き合うかがとても重要です。

僕の意見:失敗は楽しい。失敗から学べることが多い

挑戦に失敗はつきものですが、人生において失敗せずに物事を完璧にこなすことは不可能です。

失敗しても自分を責めずに、「これでまた新しく学べた」とポジティブに捉えてください。

「何事もまずはやってみる、失敗する、学ぶ」です。

人生は失敗しないと学べないことや、気付けないことが本当に多いので、失敗することは新しい学びにつながります。
これに気づくと失敗をポジティブに捉えて、何事にも前向きに行動することができます。

初めは僕も失敗が怖くて行動に移せないことが多かったですが、
皆さんもまずは失敗して、失敗をポジティブに捉えれるようになります。

そうすると失敗を楽しみながら、どんどん行動できるようになっていきます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よければフォローお願いします!