自己紹介

初めまして。シンヤ(黒川伸弥)です。

1997年生まれ。生まれも育ちも大阪です。

趣味は

経歴をサッと書いてみました。(3分で読めます)

 

大阪の高校で野球

ピッチャーをしていたけど、コントロールが悪く、公式戦ではベンチに入れませんでした。

練習量はそこそこ積んでいたが、今思うと、試合に勝つための練習ではなく、筋トレとか、やりたい練習ばかりしてしまっていた。

「どれだけやったかではなく、結果が全てだ」と、野球を通じて学びました。

 

浪人して同志社大学に入学

野球でいいとこなしだったから、せめて大学はいい大学を目指そうと、

同志社大学を第一志望に受験勉強を開始しました。

同志社に合格したときは、泣きました。

人生で初めて努力が実った瞬間でした。

 

初海外から20カ国渡航する

同じ学部で仲良くなった韓国人の友達に誘われて、人生初海外で韓国に行きました。

ヨーロッパも巡って、各国の同世代の生き方や価値観を学びました。

そこで、「大学を卒業して企業に就職する」以外の道もあるんだと気づきました。

 

同志社大学を中退する

大学を卒業する意味はある?と自問自答する時間が増えていきました。

僕なりの大学の意義
・同志やOBと繋がる
・新卒入社の切符
・国によって、海外移住ビザを取得するのに大卒資格が必要

しかし、僕の場合は

新卒入社に興味がなく、

自分で稼ぐ力をつけて、その力を評価されて働きたいし、

学歴なんかで自分のことを評価されるのが嫌だ。

既に、大学を通じてたくさんの同志やOBと出会えたし、

このままダラダラ残りの学校生活を送るのは自分の時間が無駄だ。

あと学費高すぎ。

 

起業するも失敗してうつ適応障害になる

大学を中退して、営業代行の会社を設立しました。

面白い人と会いたい。それだけで会社を設立し代表取締役になりました。

なんやかんやで2年間活動していました。

でも振り返ると、「どれだけ面白い人と出会っても、自分が何をしているのかを胸はって言えないと、相手と長期的な関係は築けない」と気づきました。

理想と現実のギャップと、身内に騙されたことをきっかけに人間不信になり、

身体がおかしくなりました。

誰かからラインの通知が来ただけで、気を失ってボーッと倒れたり、笑

 

家に引きこもる

おかしくなった身体をゼロにするために、毎日何もせず布団にくるまって無理やり時間を進めていました。

半年くらいそんな生活をしていました。

 

両親が入院する

まじで俺は何をしてんだって、どんだけ甘く生きてきてんって

ハッと目が覚めました。

入院中にも、心配されている息子。

とても情けなく感じました。

そんな自分を変える。

 

上京して就職する

何もできない僕をポテンシャルだけで拾ってくれた寛大なWEBマーケ会社。

 

上京して就職するも3日で退職する

実名顔出しで制限なく発信活動をいますぐ開始したい

 

発信者として生きることを決意

 

現在は海外を拠点にノマド生活

 

 

このブログで書く内容